通所リハビリテーション(デイケアについて)

介護を必要とする方に、入浴・食事などを含む日常生活援助とリハビリテーション、生活訓練などを提供します。
デイケアは、医師の指導のもと、理学療法士や作業療法士がリハビリテーションを行いますのでデイサービスとは異なり、医師や看護師が常勤していることで、何かあった時にもすぐに対応することができるため、安心して通っていただけるのです。

ご利用対象者

  • 65歳以上で要介護状態または要支援状態と認定された方
  • 40歳以上65歳未満で特定疾病が原因で要介護状態または要支援状態と認定された方

(注1)特定疾病とは、

  1. がん【がん末期】(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靱帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病【パーキンソン病関連疾患】
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

(注2)介護保険認定については、 主治医の意見書などをもとにどのくらいの介護を必要とするかの区分(要支援1から要介護5までの7段階)が決められます。 介護認定の申請については、 現在居住している市区町村担当窓口に「申請書」を提出します。

(注3)要介護ならびに要支援についての要介護度は、 概ね下の表の通りです。

  要支援・要介護度(心身の状態)
要支援1 社会的支援を部分的に要する状態。
要支援2 重い認知症等がなく、心身の状態も安定しており、社会的要支援を要する状態。
要介護1 立ち上がり・歩行などが自力では困難。排せつ・入浴などに一部または全介助が必要。
要介護2 日常生活を遂行する能力がかなり低下し、排せつ・入浴・衣服の着脱などの全般に全面的な介助が必要。
要介護3 立ち上がり・歩行などが自分ではできず、排せつ・入浴などに全面的な介助が必要。
要介護4 日常生活を遂行する能力がかなり低下し、排せつ・入浴・衣服の着脱などの全般に全面的な介助が必要。
要介護5 日常生活の全般に全面的な介護が必要。意思の伝達がほとんど、もしくは全くできない。

ご利用申し込みの流れ

ご相談

ケアマネージャーとご相談の上、当施設にお越し(見学・面談)いただきます。
*後日ご自宅訪問させていただき、利用手続などを行います。

面談の際に用意していただくもの

  • 介護保険被保険者証
  • 介護保険負担割合証
  • 現在の処方内容がわかる書類等
通所リハビリテーションのイメージ

ご通所リハビリテーション利用料

ご通所リハビリテーション利用料(要介護・要支援)の詳細については
通所リハビリテーションのページ「料金について」を参照ください。